『ガタカ』


あさのは塾ブログ

HOME > ブログ

 『ガタカ』は1997年のアメリカ映画、アンドリュー・ニコル監督によるSF作品です。

 遺伝子操作が行われ、先天的な資質をもとに職業の適正まで決められてしまう近未来の世界。自然妊娠によって生まれたヴィンセントは、宇宙飛行士になるという夢を叶えるため、DNAブローカーを介して適正者の身代わりとなり、遺伝情報を偽って宇宙局「ガタカ」へと入ります。
 しかし、局内で殺人事件が起こり、捜査の過程でDNAの痕跡が発見されて、ヴィンセントは窮地に立ちます。まあ、捜査を待たずとも、よくこれまでごまかせたなという疑問は起きるわけですが、その辺は目を瞑って下さい。

 この映画の魅力は、まずスタイリッシュで印象的な映像美、こだわりの世界観といったものにあります。

 未来を舞台にしながら、SF的仕掛けは一切使わず、登場人物はシンプルで壮大な建造物を背景に、クラシカルなスーツやドレスを身に纏い、シトロエンやスチュードベーカーといった過去の名車から降り立ってみせます。そこからは高度に秩序だてられた塵一つない世界、しかしどことなく無機的な未来が浮かび上がって来るのです。

 そのガタカの世界でひたむきに生きるのが、ヴィンセント役のイーサン・ホーク、相手役のユマ・サーマン、ヴィンセントにDNAを提供する役のジュード・ロウ。端正な顔立ちの俳優たちが演じるそれぞれの役柄にいつも見とれてしまいます。
あさのは便り::雑感 | 06:24 AM | comments (x) | trackback (x)

pagetop