2016年12月


あさのは塾ブログ

HOME > ブログ

 最新 

 古代中国の思想家「孔子」には、有名な弟子が十人(孔門十哲)いたとされますが、その一人に子路(しろ)がいます。子路はもともと学問よりも武勇を好み、ときには騒ぎも起こすが義理には厚いという、いわゆる侠客と呼ばれる人でした。

 ある日、彼は孔子というものが賢者と称し、弁舌巧みに人々を惹きつけていると聞いて、化けの皮を剥がしてやろうと喧嘩をふっかけに行くのです。その様子を中島敦の『弟子』という小説から見てみましょう。(一部改変しています)

     ★☆★☆★
この記事には続きがあります▽
あさのは便り::雑感 | 01:28 AM | comments (x) | trackback (x)

 最新 

pagetop